• TOP
  • マガジン
  • 【わたしとくらし】株式会社エイト/エシカルにいがた代表 庭山愛子さん(前編)
くらし

【わたしとくらし】株式会社エイト/エシカルにいがた代表 庭山愛子さん(前編)

新潟日報sumica編集部

新潟で活躍する人の仕事や人生、そしてくらしを紹介する「わたしとくらし」。

エシカルなライフスタイルを提唱して、さまざまな活動に取り組む庭山愛子さんに話を聞きました。

庭山愛子さん 株式会社エイト代表取締役/エシカルにいがた代表

1982年生まれ。 新潟大学経済学部経営学科中退。百貨店にてアパレル勤務の後、産業廃棄物の中間処理施設の経営に携わる。 2020年12月(株)エイト創業。 フリーでヨガインストラクターやフォトグラファーとしても活動中。2児の母。

前半の「わたし編」、後半の「くらし編」に分けてお届けします!

現在の仕事内容について教えてください 

株式会社エイトというトレーラーハウスの販売を主にした会社を経営しています。

弊社が扱っている製品は安全性能に優れ、繰り返しリユースができるなど環境に優しくサスティナブルなところが特徴です。

トレーラーハウスとエシカル(倫理的)な日用品を合わせ、地球にも健康にも優しいライフスタイルを提案しています。

サスティナビリティコンサルタントとして環境に配慮した取り組みが結果としてプラスとなるような取組みのアドバイスもさせて頂いています。

また、「エシカルにいがた」という団体の代表も務めています。

エシカルにいがたではビーチクリーンをはじめ、ウェルビーイングやアニマルウェルフェアなど、さまざまな観点から地球環境問題に取り組み、SDGs普及に向けた活動を行っています。

起業までの経緯について教えてください 

20代から産業廃棄物の中間処理施設を経営していました。

結婚を機に経営から退いていたのですが、妊娠出産を経て、頻発する大規模災害や気候問題について改めて向き合うようになりました。

そこで、環境保全に配慮した事業活動を行なうことで資源循環方社会を形成していきたいと、安全性に優れ災害にも強い「移動可能な快適空間」トレーラーハウスと、環境に優しいエシカルなプロダクトの販売を主にしたECサイトを運営する会社を設立しました。

人生の転機について教えてください 

クラウドファンディングをしたことです。
災害発生時に、障がいを持つ人や幼いお子さんをお持ちの方などが安心して生活できるよう、福祉避難所を平時から備えておくというプロジェクトへの支援を呼びかけました。