• TOP
  • マガジン
  • 「理想の家」をつくる ファサード×グリーン
すまい

「理想の家」をつくる ファサード×グリーン

新潟日報sumica編集部

ファサード×グリーン

多様化する住宅デザインに合わせたエクステリアや植栽が注目されている。

家の印象を左右するエクステリアやファサード(建物正面)について、「GARDEN四季」会長の石川正彦さんに話してもらった。

「GARDEN四季」会長

石川正彦さん
一級造園施工管理技士

2007年に大手ハウスメーカー定年退職後、エクステリア設計専門店「GARDEN四季」を創業。

 

ファサード=家のイメージ

フランス語で「建物の正面」を意味するファサード。

「道路に面するエントランスやカーポートは住まいの顔。家づくりでは後回しにしがちですが、エクステリア関連の予算や時間は最初から考慮しておいたほうがいいです」と石川さん。

新潟の暮らしに欠かせないカーポートは建物や外観、街並みになじむようデザインすることも肝心だ。

ファサードの3スタイル

ファサードには、道路や隣家との間に門扉や高めの壁、フェンスを設ける「クローズド」から「セミクローズド」、「オープン」の順で目隠し率が下がる3つのスタイルがある。

好みのスタイルを選び、敷地状況に合わせた設計を依頼したい。植栽についても相談し、管理の手法やコツを確認しよう。ファサードに自然石や植栽を調和させると印象が良くなる。

オープン・スタイル

 

明るい屋根の耐雪カーポートと、天然石のボーダー、植栽をコラボレーション。

外部からの視線を遮りプライバシーを確保。

セミクローズド・スタイル